地ビール+研究@フィラデルフィア

アクセスカウンタ

zoom RSS Niagara-On-The-Lakeにて

<<   作成日時 : 2007/06/29 12:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


というわけで,ナイアガラの滝を見に行ったわけです.
滝自体は1日あれば十分,という話を聞いていたので,それはそれで(霧の乙女号とか)楽しんで参りました.
滝は本当に「これだけの水はどこから湧いてるんだろう?」と思うほどの水量でした.
写真はその船が滝に向かっているところ.
乗船されたことがある方はわかると思いますが,この時点で乗っている方々はびしょびしょです.

さて本題は,その近くにあるワイナリー.
Niagara-on-the-lakeという,滝から10kmくらい北に上ったところの周辺には,たくさんワイナリーがあります.
ナイアガラといえば,アイスワインが有名なわけで,当然ここら辺のワイナリーは白ワインを中心に,各種取り揃えている,といった感じでした.

画像


いくつかのワイナリーに顔を出して,試飲をしたんですが,どこもお客様のニーズに対応して,ワインを出してくれる,というスタンス.
例えば,「いつもはどういうものをお飲みですか?」とか,「どういうタイプがお好みですか?」と,まず聞いてきます.
適当に「白が飲みたい」とか,「赤なら軽め」とかいうと,より細かいことを聞いてくるので(どういう品種のがいいか,とか),「白で酸味少なくお勧めは?」とか,細かく注文しました.
何か反応をしないといけないので,ついついいつもより多弁になってしまうんですが,それがお酒のせいなのかどうか,微妙なところです.
相手をしている方も,変な英語をしゃべる客を相手に大変だとは思いますが,そこはお客なので態度をちょっと大きめにしてみました.

画像


そして,結果は各ワイナリーにてワイン購入.
こうなると国境越え(カナダ→アメリカ)が問題になります.
記憶が正しければ,アメリカへのアルコール持込は1L相当までです.
アイスワインは通常375ml瓶なので,3本までですね.
アメリカ入国時に,何本買ったのか?と質問されたので,はっきり「3本」と答えると,問題なく通してくれました.
無事に持ち帰れたので,これから飲むのが楽しみです.

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Niagara-On-The-Lakeにて 地ビール+研究@フィラデルフィア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる