地ビール+研究@フィラデルフィア

アクセスカウンタ

zoom RSS New HopeにあるTriumph Brewery Company

<<   作成日時 : 2006/09/07 12:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

先週末はアメリカでは3連休.
しかも夏休み最後の週末ということで,どこもセール状態.
これは行かねばなるまい,ということで,我が家もセールに参戦いたしました.
目的の品がLe Creusetの鍋,ということで,これを扱っているOutlet Mallを探し出し,ついでにその近くのBrewery Pubを探してみたら,ありました.

Triumph Brewery CompanyはもともとPrincetonにあって,最近New Hopeにもできた模様です.
好天のもとにドライブを楽しみながら,Philadelphiaからは1時間程度です.
一度PennsylvaniaからNew Jerseyに出て,再度橋を渡ってPennsylvania側に戻るとそこがNew Hopeの街です.
ただ,Google Map的にはかなり簡単に行けそうでしたが,最後の方でちょっと混乱しました.
それでも何とか現地に到着し,Breweryを確認して,もうやる気満々!

画像


店内はかなり綺麗でかっこよく,新しい印象.
われわれは店内の席にしましたが,外の席にすると,もれなく目の前を汽車が走っていくというオマケ付きです.
今回は,何故かものすごく笑う,とても愛想のいいウェイトレスがサーブしてくれて,なかなか雰囲気もよかったです.
料理も全体的にリーズナブルな価格とサイズ.
しかも味付けもさっぱりで,地ビールレストランとしては,ちょっと落ち着けます.
いつもは結構重いメニューが多いもので.

画像


肝心のビールは,いつもながら,Samplerを頼んで,全種類のビールをいただきました.
Honey wheat,Amber ale,Dunkel,Coffee & Cream stout,Bengal gold India pale ale,Love potion,Extra special bitterの,全7種類です.

画像


全体的にあっさりした造りで,糖分をあまり残さず,どちらかと言えばドライな感じでした.
その中でも印象に残ったのは,Coffee & Cream stoutとLove potionの2点.
前者はスタウトらしい黒色.若干酸味によるキレを持ちながら,残った糖分によるまったりとしたところが,まさにCoffee & Creamといったところ.
注)スタウトはイギリス発祥のビールの一種.黒くなるまでローストしたモルト(麦芽)を原料にして,上面発酵によって造られる黒ビールです.味は濃厚で,苦み・酸味が強く,アルコール度数も高めなことが多いです.代表的な銘柄はギネス(Guiness).

後者はBelgian Tripleスタイルとのことで,若干の甘めを感じる口当たりのよさの蔭で,度数が高くて酔っ払いやすいという代物です.でも美味しいので,Samplerの後にグラスで一杯いただいてしまいました.
注)ベルギービールはとにかく種類が多いです.何でも1000種類以上あるとか.その中でもTripleというのは,濃厚かつアルコール度数を高く作ってある,銅色から茶色のビールです.

今回はNew Hopeの街を散策する時間はなかったのですが,結構趣のあるよい場所という印象を受けました.皆様も機会がありましたら,ぜひどうぞ.
ただし,パーキングメーターがないので堂々と駐車していたら,どうもチケットを購入してダッシュボードに置いておく形式だったらしく,チケットきられていました・・・.
初めていかれる方はご注意を.

Triumph Brewery Company
400 Union Square
New Hope, PA 18938
http://www.triumphbrew.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
そこのル・クルーゼ、2年前に2日続けて行きました。うちの奥さんが、誕生日にル・クルーゼの鍋が欲しいというので、やはりインターネットで探し出し、出かけました。長時間悩んだ末に、片手鍋を購入しました。家へ帰ってさっそく包みを開きます。鍋の汚れをきれいにしようとしましたが、汚れだと思っていたのは、どうも傷のようです。すぐ店に電話しましたが、埒があきません。ここの鍋は一生物ですから、こんな傷物をつかま
されてはたまったものではありません。次の日、朝一番で取り替えに行きました。ところが、そこの責任者のおじさん、鍋を見るなり「この傷、どうしたの?」とのたまいました。昨日この鍋を包装する時、このおじさん確かにこの部分を布で拭いていました。でも取れなかったんです。なんせ汚れではなく、傷だったわけですから。傷物とわかって売りつけ、返品にいったら、人をとがめるような目で見て、どうやったら1日でこんなキズがつくんだと言わんばかり。全く油断も隙もあったもんではありません。ようやく返品し、早々に引き上げました。続く
ぺんそろばにあ
2006/09/11 06:11
帰り道、611号沿いにMega Mashallsを見つけたうちの奥さん、車を止めさせ、「ちょっとここでル・クルーゼ見てくる」と、店内に消えていきました。待つこと1時間、満面の笑みをたたえ、重たそうな袋を持った奥さん。ちなみにその時のル・クルーゼ、我が家に5つあるル・クルーゼのうち一番愛用しています。2年後の今、誕生日を目前に控えたうちの奥さんが考えているのは、どうやらル・クルーゼ専用のラックを手に入れることのようです。とほほ。あれ?このブログって、こういう趣旨でしたっけ?
ぺんそろばにあ
2006/09/11 06:13
そうですか.内部に傷があったとは,いくらOutletでもいかんですよね.鍋を購入後に使いもせずに傷つけられるわけないのに.先日行ったときは,感じのいいおばちゃんで,買う前に傷が無いことを確認したので,大丈夫です.
それにしても専用ラックなんてあるんですね.驚きです.
あ,ブログの趣旨はいろいろな意見交換ですので,何でも歓迎です.いつもコメントありがとうございます.
ファナティック
2006/09/13 10:25
ル・ク○ーゼの鍋の専用ラックは我が家近くのイ○ーヨーカドーにも売ってました。
しかし粗忽者の私としてはあんなに重たい&割れてしまうかもしれない鍋を毎日使用することは不可能なので専ら鑑賞して通り過ぎるだけでっす。(T▽T)
ところで、前の記事のサンプラーのグラスに、ストローみたいなものが差刺さっているのですが、これは何でしょうか・・・。ちょっぴり疑問だったりして。
ばた
2006/09/17 14:56
IYにも売ってるんですか?いつの間にIYはそんなに高級な感じになってしまったんでしょう?おっしゃるとおり,重いです.蓋からして,持ち上げるのにかなりの重力を感じます.でも結構満遍なく温まるためか,圧力鍋より美味しく豚の角煮ができました(カミさんが作ってくれました).

前の記事の「ストロー」は,たくさんあるグラスを区別するためのものです.それ以外は大体色と下のお盆に書いてある番号で分けられるんですが,このときは季節ビールが多かったので.別にストローで飲むわけではありません.
ファナティック
2006/09/19 11:58
初めて訪れました、う〜ん。いい感じのうんちくブログになってるぅ〜。
そうそう、イトー○ーカドーはTJ○っクスみたいになってますよ、我が家のル・クルーゼも何を隠そうIYにて購入したものです。ちなみに、(噂では)日本のル・クルーゼは錆止め加工がしてあるとか。(うちのは毎日使ってるので錆びてる)
fanaticとは、すばらしいハンドルネーム。。
そうそう、親方が、ナイアガラ近郊にすばらしくエレガントなワイナリー見つけましたよ。
親方夫人
2006/09/20 22:27
親方夫人さま,どうもコメントありがとうございます.
うんちくブログ,恐縮です.完全に趣味の世界です.なかなか地ビールにもいろいろあって,面白いものです.NY周辺も結構多いんですよね.結構お子様OKな場所も多いです.
でもIYにLe Creuset,あるんですね.知りませんでした.いやあ勉強不足です.
ナイアガラのワイナリー,お勤めご苦労様でした.あ,それはこれからですね.
ファナティック
2006/09/21 11:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
New HopeにあるTriumph Brewery Company 地ビール+研究@フィラデルフィア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる