地ビール+研究@フィラデルフィア

アクセスカウンタ

zoom RSS ビールの分類でも簡単に

<<   作成日時 : 2006/07/19 21:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

日本では一時もてはやされた地ビールが飽和し,淘汰される時期に入っているとも聞きますが,広いアメリカでもそれは一足先に同じことのようで,それほど簡単ではないようです.
その一方で,大手のビールに対して個性を売り出す地ビールは,この頃では淘汰されつつも,アメリカでは市場を拡大しつつあるとのこと.

アメリカもそもそも大手である,Budweiser,Coors,Millerという3大企業がビール業界のかなりの割をしめています.ちょっと古い記録では,それぞれ45%,23%,10%といいますから,この3社だけでシェア8割近くを占めていることになります.それに続いて,Regional Beerという,地域限定のビール会社があり(この辺だとYuenglingなんかはこれです.結構見かけますもんね),さらに細かくなるとLocal Beerになるようです.

アメリカ国内には全部で約1400のブルワリーがあるとされていますから,こう見ると,「オラが街ビール」というのが結構あることになりますよね.
多くの場合が,大手にはない味,ということでAleタイプのビールを造っているようです.

画像


そこで本題,ビールはどうやって大別すればよいでしょうか?

いくつかの分類方法があると思いますが,良く使われるのは,醸造方法による分類です.
ご存知の方も多いと思いますが,現在のビールは,大まかに分けると,用いる酵母の種類で「上面発酵」と「下面発酵」の2種類に大別されます.この「上面」と「下面」は,発酵中に酵母が表面に浮いてくるか,沈んで固まりを作るか,の違いです.

歴史的には,まずはビール造りは「上面発酵」から始まりました.こちらの場合は,20度前後の比較的高めの温度で発酵させます.温度が高めな分,発酵時間は短くすみ,香りが高く,味に特徴のあるものが多くなります.イギリスでよく飲まれる「エール」や「スタウト」,またドイツの「バイツェン」や「ケルシュ」が主な上面発酵ビールです.地ビールの多くはこちらで造られています.

「下面発酵」の歴史はビール的には新しく,15世紀頃に開発されました.下面発酵の場合は,比較的低温(10度以下)で長めに発酵させ,そして数カ月の熟成を経てから飲まれます.この熟成期間のために,比較的落ち着いた味になります.現在では,世界のビールの約9割がこの下面発酵で造られています.下面発酵のビールで一番馴染みのあるのは,チェコ発祥のピルスナーでしょう.日本の大手の主要銘柄はこれを原型にしています.良く聞く「ラガー」という言葉がありますが,これは本来は「貯蔵工程で熟成させたビール」のことを指します.つまりビールの種類を指すのにはあまり適当な言葉ではありあません.下面発酵ビールは,ほとんど熟成するタイプですので,そういう意味ではみな「ラガー」ですから.

というわけで,地ビールは,大手のビールに対して,より個性のあるものを求める傾向が高いため,ほとんど上面発酵によって作られています.

と,簡単に書かせていただきました.これですべてをカバーしているわけではありませんが,ビールというのはこんな感じです,ということで.ワインほどではないにしても,いろいろと種類があるので,場面に合わせて飲んでみると楽しいものです.

夏の暑いときには,淡色で爽やかなホップの苦味の効いたピルスナーをごくっと一口.「ぷはー」と喉の渇きをいやすのが,いいですよね.一方で,アメリカではガンガンに冷房の効いている場所が多いので,そんな時には冷えすぎない温度の濃い目のエールやスタウトをお店のカウンターでちびちびやるのもオツなもの.お店にいろいろな種類があるのを見かけたら,「いつもの一杯」もいいですが,ちょっと冒険して,いろいろ試して飲んでみるのも一興です.もちろん,はずれもありますけど.

画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
居酒屋 ZUIKU C/W YOTABANASHI
「居酒屋」(せきみつぎ著・文芸社刊)より、著者の承諾を得て、ZUIKU(随句)と酔っ払いのYOTABANASHI(与太話)を抜粋して掲載しています ZUIKU(随句)は俳句と川柳に似ています ...続きを見る
居酒屋店長
2006/07/20 11:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ラガーというのはそういう意味だったんですか。なるほど。ありがとうございました。ビールの分類についても、とても興味深く読ませていただきました。要するに一番大事なことは、まず飲む、ということですね。
ぺんそろばにあ
2006/07/23 14:34
私の飲んだ数少な〜い経験からいうと
缶ビールはsunt○yのプレミ○ムモル○が美味しいですよ!
ちなみにキリ○の秋○が一番不味かった!
以上私のビールに関する全知識でしたあ。おそまつ。
ばた
2006/07/28 23:32
ぺんそろばにあ様>簡単でお粗末な説明ですが,今後は実際に飲んだビールに解説をつけていこうかと思います.いろいろ飲んでみると,種類の違いが分かってきて,面白いですよ.是非,いろいろ飲んでみて,おいしいのがあれば教えてください.

ばた様>
プレミア○モ○ツ,美味しいですよね.普通のモル○よりちょっと味が濃かったりして.日本にいた時は結構飲んでいました.秋○は,毎年趣向が少しずつ違うみたいで,はずれもあるかも.どれが美味しくてどれが不味いかがわかっているのは重要です.
ファナティック
2006/07/29 09:59
地ビール大好きです、通販でたくさんの地ビールを味わいました。香り苦味もすきです。『エ●スビールあります』には弱いです。外国のビールはありふれたものは飲みましたが本場の地ビール飲める方はうらやましい!
ののはら
2006/07/31 22:31
ののはら様>
地ビール,個性があっておいしいですよね.私も日本にいた頃は,デパ地下で地ビール探してました.ヱビスもいいですよね.ちょっと他のプレミアムビールに押され気味と聞きましたが.アメリカは結構地ビールを飲めるところが多いので,いい気分転換になります.
ファナティック
2006/08/01 10:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビールの分類でも簡単に 地ビール+研究@フィラデルフィア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる